よくあるご質問

不動産を購入したときにはどのような税金がかかりますか?

◆印紙税、登録免許税、不動産取得税などがかかります。

(1)印紙税

土地の売買契約書や建物の建築請負契約書などには必ず印紙を貼って消印を押印します。これが印紙税の納付になります。借地権(地上権または土地の賃貸借権)の設定又は譲渡に関する契約書、建築請負契約書の場合も同様です。

(2)登録免許税

土地や住宅を取得すると自分の権利を明らかにするために所有権の保存登記や移転登記をする事になります。登記は司法書士に依頼するのが一般的なので、税金を納めているという感覚はあまりないかも知れません。しかし、登記の時必ず税金を納めなければなりません。これが登録免許税といわれるものです。   一定の要件を満たす場合は、軽減税率の適用があります。

(3)不動産取得税

不動産取得税とは、土地や住宅など不動産の所有権を取得したときにかかる地方税です。不動産の「取得」ということは、現実に所有権を取得することで、登記が行われたか否かには関係ありません。また、その取得原因が売買、交換、贈与、建築等のいずれであっても課税されます。ただ、相続税による取得については課税されません。住宅や住宅用土地については、不動産取得税が軽減されます。

(4)取得税

所得税の確定申告のとき(住宅ローン控除)   税金は納めるのが通例ですが、中には戻ってくるものもあります。それが住宅ローン控除という所得税の特別控除です。

 

 


お問い合わせ 個人のお客様 マンション等のオーナー様 法人のお客様 士業の皆様パートナー募集