よくあるご質問

相続税の節税対策~不動産鑑定評価

◆相続時の不動産鑑定評価の重要性について

正当な税金は支払っても、無駄な税金は支払う必要はありません。財産のうち土地の評価いかんによって納税額が大きく異なっていっているのが現状です。土地は評価する人、評価方法等によって価格が異なってしまいます。相続の争いにならないためにも相続人の合意の基で不動産鑑定士による不動産鑑定評価をお勧めします。不動産鑑定評価書を基に財産の分割がスムーズにいき多くの方々が争いなく大変喜ばれています。
既に相続税申告をされている方でも5年10ケ月までであれば還付請求が出来、多くの方が相続税を還付されています。ぜひ、ご相談下さい。

◆土地評価の減額の仕方

通常、土地評価は、路線価評価×面積で求められますが、同じ広さの土地(敷地)でも周辺環境や土地の形状、どのように道路に面しているかによって、建築できる面積が制限されたり、住みやすさにも大きな影響を与えたりするため、公示価格よりも鑑定評価額が下がることがあります。相続税の時価は相続税路線価から求められた価格でなく、不動産市場での売買成立価格ですから不動産鑑定評価も併用して低く評価された方の価格を持って申告した方が最善です。

 


お問い合わせ 個人のお客様 マンション等のオーナー様 法人のお客様 士業の皆様パートナー募集